袴田事件の補償額の金額

今話題となっている袴田さん
袴田さんは冤罪で48年もの長い間警察に拘束されていた方です。

拘束される前はボクシングをやっていて、
先日WBCから名誉チャンピオンのベルトを貰ったニュースがありました。

そんな袴田さんの48年もの長い時間を無駄にしたことの補償額とは一体いくらなのでしょうか?

補償額は1000円~12500円までだそうで、
袴田さんの場合は最高額の12500円が適用される模様です。

1日12500円というとなかなかの高額ですよね。
以下の計算で袴田さんが受け取れる金額が算出出来ます。

12500×365×48=219000000

と、約2億2千万円ということになります。

これだけ見ると大きな金額のように思いますが、
48年もの長い間拘束されていたことを考えると果たしてどうでしょうか?

30歳の時に拘束され出てきた今の年齢は78歳。
もう80歳になる老人です。

80歳になり2億2千万円もらって一体何が出来ると思いますか?

きっと袴田さんの心情はお金なんかよりも時間を返して欲しいと思っていると思います。

48年間はやっぱり長いと思います。
なぜそこまでの長い時間拘束しなければならなかったのでしょうね。

警察は犯人を袴田さんと決めつけ
警察の威信をかけてなんとしてでも袴田さんを犯人にしようとしたのでしょう。

48年間の人生と2億2千万円。

サラリーマンが一生で貰えると言われる金額とほぼ同等です。
お金は同等かもしれませんがその間の人生は空白のものです。

この事件についてあなたはどう考えますか?

袴田さんにはこれから長生きしてもらって、
少しでも自分の人生を取り戻して欲しいと思います。

金融に関することなら何でも。

ようこそ金融大学へ。
…と言っても見てお分かりの通り大学でもなんでもありません。
金融大学というのは単なるブログのタイトルです。

でも、大学の講義ばりにブログを書いていこうとは思っています。
なぜなら、私自身金融に詳しいのと、大学の講師に憧れていたからです。

このブログは金融について詳しくなりたい方や金融について興味がある方を対象に作ってみました。まぁ、乗りとしては放送大学みたいな感じなんでしょうか。
…そこまではクオリティの高いものは作れませんね。
単なる文章の羅列ですからね。

でも、私が知りうる限りの金融系の情報は書いていこうと思っていますよ。
どこぞの経済アナリストではありませんが、そういう方よりも鮮度の高い情報をお届け出来ると個人的には思っています。なぜ私が金融系にこれほど詳しいのか…それは職業絡みとだけ申しておきましょう。鮮度が高いというのは第一線で仕入れる情報だからですね。

もしこれをご覧の方が金融系に興味がおありなら、ブックマークなんかをしてこまめにチェックしてもらえると私も書きがいがあるってものですし。

そして、金融系に関する今最もホットな話題としては、やはり今日から施行された消費税ですよね。一部ではエイプリルフールだから消費税8%も嘘なんじゃないか…なんて言われていますがそんな訳はありません。残酷にも今日から3%もの税金が消費税として上がりました。

これが経済に与える影響は非常に大きいと思われます。

こんな一般人が行きにくい世の中をどう生きていくべきか。
金融の情報にはそんなヒントも含まれていると思います。

これからどんな世の中になっていくのかこの金融大学と共に見て参りませんか?
あなたにとって少しでもお役に立つ情報をお届け出来るように頑張りたいと思います。

本日より金融大学をお願い致します。